正月のお雑煮は地域性があり種類が豊富!意味や由来なども紹介!

正月の代表的な料理といえば、おせち料理と共にお雑煮が挙げられます。
お雑煮は日本の伝統的な料理であり縁起物でもある事から、全国各地に普及し長年愛され続けてきました。
そのため、地域によって味つけや調理方法に違いがあり、種類が豊富です。
このページでは、各地域のお雑煮の特徴や意味、由来にも触れ、紹介していきます!

 

お雑煮とはどんな料理?

お雑煮とは、お正月に1年の無事を祈願するために食べる伝統料理です。
沖縄県以外の全国各地で行われてきた風習でもあり、現在でも多くの家庭や行事などでお雑煮が調理されています。

 

お雑煮が縁起が良いのはなぜ?由来や意味とは

お餅

お雑煮と聞いて1番に思い浮かぶ具材はといえば、お餅ではないでしょうか?
古くから、お餅は縁起物として供えたり、お祝い事や行事などで食べることが慣習となっています。
この事から、お餅は新年を迎える前に年神様への貢物として他の縁起物と一緒に、お供えしていました。
そして、そのお餅を元旦に年神様からのお下がりとして頂いたのが、お雑煮の由来です。
お雑煮を頂く時には、年神様へ旧年を無事に過ごせた事に感謝しつつ、新年に向けての家内安全や豊作を祈願したそうです。
また、お雑煮の具材に縁起物を多く使う事によって、より強い意味を込め、それらを願っているとも言われています。

 

お雑煮の歴史

武士

このように縁起物であるお雑煮は、その歴史も古く、室町時代にはすでに全国へ広まり、戦国時代には多くの国で食されていました。
特に武士に愛された料理であり、合戦中に行われる宴会などでは必勝祈願として必ず最初に振舞われる料理であったと言い伝えられています。

地域によって違う!どんなお餅を使っているの?

お雑煮の主役は、やっぱり何と言ってもお餅です!
しかし、地域によって、形や調理方法などお餅の種類が異なってきます。
この違いは、受け継いできた風習によるものです。

 

角餅を使用しているエリア

角餅

角餅は、東京都を中心とした関東周辺エリアや北海道・東北エリア、米の特産地新潟県などで多く使用されているお餅です。
戦国時代から江戸時代にかけて、江戸の街には人々が密集していました。
そのため、1つずつ形から手作りしていく丸餅では間に合わなくなり、切るだけで量産できる角餅へと移行していったと言われています。
現在でも寒冷地などでは、切り分ける前の角餅がまな板ぐらいの大きさで普通に売られています。

 

丸餅を使用しているエリア

丸餅

丸餅は、大阪府や京都府を中心とした関西エリアで古くから使用されているお餅です。
丸餅には縁起物として「円満」の意味が込められています。
また、関が原の戦いを経て、関が原のある岐阜県より西のエリアが丸餅になったという説もあります。

 

珍しいお餅を使っている地域も!

香川 あんころ餅 雑煮

地域の中には、なんとも変わったお餅を使用しているお雑煮があります。
その中でも特に珍しいのが、香川県のあんころ餅を入れたお雑煮です。
その他にもお雑煮に入っているお餅にきな粉をまぶして食べる奈良県や、一度焼いた角餅をお雑煮に入れる岩手県など地方によって独自の特化した調理方法があります。

地域によって様々!味付けの違いは?

次は雑煮の味付けについて紹介します。
お雑煮の味付けとして、真っ先に思い浮かぶのが『味噌味』という方が多いのではないでしょうか?
しかし、味付けには地域によって差があり、様々な汁があります!

 

赤味噌を使用しているエリア

雑煮 赤味噌

赤味噌は、東京都を中心に東日本エリアで広く使用されています。
しかし、岩手県周辺では醤油味のお雑煮が普及している地域もあります。

 

白味噌を使用しているエリア

雑煮 白味噌

白味噌は、関西地方のほとんどのエリアで使用されています。

 

すまし汁を使用しているエリア

雑煮 すまし汁

そして、関西地方を除いた西日本エリアの多くが、さっぱりとしたすまし汁仕立てのお雑煮です。
その中でも神の国と言われている出雲エリアは少々変わっていて、小豆を出汁に使ったお雑煮が振舞われる地域があります。

お雑煮の定番具材も地域によって違う!

お雑煮に使用される具材はお餅や野菜、鶏肉など共通する物もありますが、地域によって細かく分けることができます。
その土地特有の産物を使用する県が多く、最もその県の特色が顕著になる料理とも言えるでしょう!

 

代表的な具材例

食材

東北エリアは山菜やキノコなどの山の幸が、中国エリアでは広島県のカキや島根県のハマグリなどの海の幸が主流になります。
また、珍しい具材として新潟県のサケやイクラ、千葉県の海苔などが挙げられます。

 

お餅が入っていない?

各地域の特徴が出るお雑煮の中でも、特に珍しい雑煮があります。
それは、徳島県のお雑煮です。
このお雑煮は、なんとお餅が入っていません!
主な具材は豆腐を2丁と里芋だけというなんともシンプルなお雑煮です。
その理由として、江戸時代の農村地方ではお餅は高価で手に入れにくい食材であったために、代わりに里芋が使用されていたことが上げられます。
ですので、このお雑煮は歴史の名残をしっかりと受け継いでいる、とても貴重なお雑煮であると言えます!

 

さいごに

お雑煮は受け継がれてきた文化です。
お雑煮は、その土地土地によって味も形も違ってきます。
これはその地域ならではの文化を、代々しっかりと受け継いできた証拠でもあります。
日本は決して大きくないですが、方言や伝統行事など地方によって様々です。
それだけ多くの文化が今も根付いている日本であるからこそ、古くからの風習をしっかりと後世に残していく事が大切です。